MENU

ただし実際にR-styleカードを利用するためには審査を受けてこれに通過することが必要になります

信販会社の大手であるJACCSが発行する、リボルビング払い専用のクレジットカードが「R-styleカード」(アールスタイルカード)です。年会費無料でありながら様々なサービスを利用することができるお得で便利なクレジットカードになりますので、皆さんもぜひとも申し込みを検討してみてください。

 

R-styleカードには年齢18歳以上(除く高校生)で電話連絡可能な人であれば原則として誰でも自由に申し込むことができるのですが、実際にR-styleカードを利用するためには審査を受けてこれに通過することが必要になります。今回はR-styleカードの審査について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

 

申込条件を満たすのであれば原則として誰でも自由に申し込むことができます!

R-styleカードの申し込み条件は「年齢18歳以上(除く高校生)で電話連絡可能な人」となっていますので、条件を満たすのであれば原則として誰でも自由に申し込むことができます。(ただし未成年者が申し込む場合には親権者の同意が必要になります。)

 

ちなみにR-styleカードにはキャッシング枠を付帯させることもできるのですが、キャッシング枠については「年齢20歳以上65歳以下で働いて毎月安定した収入を得ている人」という条件が設定されています。R-styleカードはリボ払い専用カードになりますので、JACCSが発行する一般的なクレジットカードと比較すると比較的審査には通りやすいようです。他社のクレジットカードの審査に落ちてしまったという人であっても、R-styleカードであれば審査に通過することができるかもしれません。

 

審査では確実な返済能力を有しているかどうかが確認されます!

クレジットカードの審査では申込者に関する様々な条件が確認されるのですが、特に重視されるのが確実な返済能力を有しているかどうかです。クレジットカードでは個人の信用に基づいてカード会社が利用料金を一時的に立て替えることになりますので、利用者が返済不能に陥った場合にはその全額がカード会社の損失になってしまいます。

 

カード会社では回収不能を未然に防ぐために、審査において申込者の返済能力を厳しくチェックしているのです。具体的には安定した収入の有無が重視され、公務員や大手企業の会社員などであれば審査では有利になります。

 

一方で自営業などの場合には収入の金額が多くても不安定だと判断されることになりますので、カードの審査には落ちてしまうことが多くなるようです。パートやアルバイトなどは正社員よりも不利になるのですが、安定した職場で長く働いているのであれば審査には十分に通過できる可能性があるはずです。

 

審査に落ちてしまう人には共通の特徴があるようです!

クレジットカードの審査に申し込んでも落ちてしまうという人には、共通した特徴があるようです。まずは過去においてクレジットカードやカードローンなどの返済を延滞した履歴がある人や、また自己破産などの債務整理を行った履歴がある人の場合には、いわゆる「ブラックリスト状態」となって審査には通らなくなります。

 

延滞や債務整理などの履歴は「信用情報機関」というデータベースに登録され、信販会社やローン会社はこれを自由に閲覧することができるのです。さらにクレジットカードのキャッシングやカードローンなどを複数利用している人の場合にも、審査には通りにくくなります。キャッシングやカードローンなどの利用状況も同様に信用情報機関に登録されていますので、複数のキャッシングやカードローンを利用している人の場合には返済能力に問題があると判断されて、クレジットカードの審査では不利になってしまうのです。

 

確実な返済を積み重ねて信用を獲得しましょう!

信用情報機関にはクレジットカードやカードローンの利用履歴や返済状況などが登録されていますので、確実な返済の履歴を積み重ねることにより信用を獲得することができます。クレジットカードの返済の利用履歴は「クレヒス」(クレジットヒストリー)と呼ばれているのですが、クレジットカードの審査に通過するためには優良なクレヒスを有していることが欠かせないのです。

 

延滞などをしてしまうとクレヒスには延滞を示す「A」の記号が記録されてしまうのですが、その後確実な返済をしたことを示す「$」の記号を記録していくことにより、延滞を示すAの記号を最終的には記録外に押し出してしまうことができます。

 

優良なクレヒスがあればクレジットカードやカードローンの申し込みの際にはもちろんですが、さらに一般ローン(住宅ローン・自動車ローン・教育ローンなど)の審査の際にも有利になりますので、まずは確実な返済を行って延滞などをしないことを心がけるようにしましょう。

 

R-styleカードはJACCSのクレジットカードの中では比較的審査に通りやすいようです!

今回はR-styleカードの審査についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容を簡単にまとめてみると、以下の通りとなります。

 

  • R-styleカードには年齢18歳以上(除く高校生)で電話連絡可能な人であれば申し込むことができます
  • ただし実際にR-styleカードを利用するためには審査を受けてこれに通過することが必要になります
  • R-styleカードはリボ払い専用カードであるためJACCSのクレジットカードの中では比較的審査に通りやすいようです

 

年齢18歳以上(除く高校生)で電話連絡可能な人であることがR-styleカードの申し込み条件となっていますので、条件を満たすのであれば原則として誰でも自由にR-styleカードに申し込むことができますが、実際にR-styleカードを利用するためには、審査を受けてこれに通過することが必要になります。

 

具体的な審査基準などは公表されていないのですが、審査では主に申込者の返済能力が確認されます。R-styleカードはリボ払い専用クレジットカードになりますので、JACCSの一般的なクレジットカードと比較すると比較的審査には通りやすいようです。

 

ただし延滞や債務整理などの履歴があると審査には通りにくくなりますので、まずは確実な返済を積み重ねて優良なクレヒス(クレジットヒストリー)を作ることが重要になります。